機内持込手荷物

機内に何を持ち込めますか?

飛行中どうしても必要なものはお持ちいただけますが、一部持ち込みが禁止されているものがありますのでご確認ください。また、液体物に関しては、持ち込みに制限がありますのでご注意ください。

機内持込手荷物の規則

  • SWISS エコノミー
    最大1個まで 8 kg 最大寸法 55 x 40 x 23 cm
  • SWISS ビジネス
    最大2個まで 8 kg 最大寸法 55 x 40 x 23 cm
  • SWISS ファースト
    最大2個まで 8 kg 最大寸法 55 x 40 x 23 cm
  • 手荷物について

    機内持込手荷物は、手荷物収納棚あるいは前の座席の下に収納しなければなりません。そのため、手荷物の最大寸法と最大重量にご注意ください。


    ご搭乗の際にこの手荷物規制が厳格に行われますのでご注意ください。寸法や重量が超過した手荷物は、ゲートで受託手荷物として有料でお預けいただきます。ゲートでの料金は通常よりかなり割高となり、お支払い方法は、Maestroまたはクレジットカードのみとなります。

    詳細については、受託手荷物料金一覧をご覧ください。

折り畳み式のガーメントバッグは、最大寸法が57 x 54 x 15 cm のものまで手荷物としてお持ち込みいただけます。

追加として持ち込み可能な物品

大人の方とお座席をお取りのお子様は、追加として次を機内にお持ちいただけます。

  • ハンドバッグ、ラップトップバッグ、ショルダーバッグ (最大寸法 40 x 30 x 10 cm)
  • チャイルドシート
  • 松葉杖1式、腕もしくは脚の副木やその他の義肢など
  • 医療機器

例外

小型機で満員の場合、例外として機内にお持ち込みになる手荷物を搭乗ゲートでお預けいただくことがあります。これは、お客様の安全を期するためであり、また機内で快適にお過ごしいただくためでもあります。

例としてイタリアや米国などでは機内持込手荷物に関してより厳しい規則が定められています。ファーストクラスとビジネスクラスのお客様で、このような規則の厳しい国へご出発の場合、2個目の手荷物はお預けいただかなければなりません。

南アフリカ発、および南アフリカ内のフライトでは、機内持ち込み荷物に関して特別規定があります。エコノミークラスでは、手荷物1個(最大寸法:56 x 36 x 23 cm、最大重量:7 kg)と薄型のノートパソコンバック1個のお持ち込みが認められています。ビジネスクラスとファーストクラスでは、手荷物2個(最大寸法:56 x 36 x 23 cm、最大重量:7 kg)と薄型のノートパソコンバック1個のお持ち込みが認められています。

機内への液体物の持ち込み

液体物の機内への持ち込みは、特別な規則が適用されます。 ジェルやクリーム、ローションも液体物として扱われます。 すべてのSWISSフライトでは、以下の制限がありますのでご注意ください。

  • 液体物は、100 mlある以下の容器に入れてください。
  • それぞれの容器は、開閉式の透明な最大容量1リットルのビニール袋に1つにまとめて入れてください。
  • お持ち込みいただけるのは、お客様お1人当たり、ビニール袋1枚分のみです。(ビニール袋は小売店や空港でお買い求めいただけます。)
  • ビニール袋はすべての容器を入れ完全に閉じた状態で、保安検査の際にご提示ください。

例外: 医薬品と特別食品

医薬品: 必要な液状の医薬品は持ち込むことが可能です。 ただし、持ち込み可能な分量は旅行中に必要な量だけとなります。 これらの医薬品に関して、英語で記載された医師の診断書を携行することをお勧めします。

特別食品: 乳幼児をお連れのお客様は、ベビーミルクや液状の離乳食をお持ち込みいただけます。 アレルギー(乳糖不耐症、グルテン不耐症)の方は、流動食品をお持ちこみいただけます。

危険物以外の液体物は、最大 2 リットルまで受託手荷物に入れて輸送いただけます。

液体の免税品

液状の免税品は、ICAO規則に準拠した梱包と封印がなされていなければなりません。 加えて、梱包には出発空港あるいは旅行当日に機内で購入した証明が入っていなければなりません。 保安検査の前に購入した商品で、規則に準拠していないものは没収されます。

米国行きフライトの特別規則

米国で国内便にお乗り継ぎのお客様は、米国に到着されたら免税販売で購入した液体物をチェックインした受託手荷物の中に入れなくてはなりません。

機内持ち込み禁止物

保安上の理由で、特定の物品を機内持込手荷物として輸送することはできません。禁止物は空港の保安検査で例外なく没収されます。空港で購入された物品に対してもこの規則は適用されます。SWISSは、没収された物品に対しての一切の責任を負いません。

このような物品は、チェックインの際にお預けになる手荷物として輸送してください。そうすることで、保安検査でのトラブルと損失を避けることができます。

機内持込手荷物として禁止されている物品

武器

  • 模造品やおもちゃを含む、あらゆる種類の凶器、武器
  • 信号拳銃、スターターピストル
  • 弓矢、 ボウガン、 銛

電気ショックを与える装置

  • スタンガン、テーザー銃、スタンバトンのような電気ショックを与える装置
  • 家畜用麻酔器と屠殺器具

鋭尖または鋭いエッジを有する物

  • 斧、なた、鍬など切り刻む目的で作られた物
  • アイスピック
  • かみそりの刃
  • カッターナイフ
  • 刃渡りが6cm以上のナイフ
  • 刃渡りが6cm以上のハサミ
  • 鋭尖または鋭い縁を有する武術用具
  • 剣、サーベル

工具

  • バール
  • コードレスの携帯用パワードリルを含む、ドリル類とドリルビット
  • 武器になり得る、6cm以上の刃渡りもしくは柄のついた道具(ネジまわしやノミなど)

コードレスの携帯電動のこぎりを含む、のこぎり類

  • ローランプ
  • ボルトガン、ネイルガン

鈍器

  • 野球やソフトボールのバット
  • こん棒やステッキ(ゴム製のこん棒、ブラックジャック、警棒、格闘技用道具など)

機内持ち込み禁止物に関しては、このリストに掲載されている限りではありません。