快適な空の旅をしていただくために

体調を整えてご旅行ください

飛行機での長時間の旅は身体にストレスがかかります。 健康に問題がある場合、航空旅行の適正についての健康診断を必ず受けてください。

健康ガイド

飛行と健康に関して、よくある質問(FAQ) から役立つ回答を見つけましょう。お客様が何かしらの病気にかかっている、またはお身体に不自由があったり、薬物治療中であったりする場合は、ご計画されているフライトについて、主治医にご相談ください。

妊娠: 妊娠中の場合は、何を考慮すべきですか?
合併症を起こしていない妊娠中の女性は、妊娠36週の終わりまで(すなわち、出産予定日の4週間前まで)、SWISS のフライトをご利用になれます。多胎妊娠で合併症を起こしていない場合は、妊娠32週の終わりまで SWISS のフライトをご利用になれます。

必須ではありませんが、妊娠28週を越える女性は、その妊娠が合併症を伴ったものではないということと、確定されている出産予定日が記載された医師からの最新の手紙を携行することをお勧めします。医師は、その妊娠が本人の飛行機旅行を妨げるものではないという記載をしておく必要があります。

また妊娠中の女性は、その妊娠中において深部静脈血栓症を患う危険性が高くなります。そのため、妊娠中に飛行機に乗る場合は、弾性ストッキングの着用と十分な水分の補給をお勧めします。とにかく、事前にかかりつけの産婦人科医に飛行機旅行について相談し、あらゆるリスクを最低限に抑えるようにしましょう

ご自身が特定の状況で飛行することに確信が持てない場合は、 SWISS 医療サービスに直接お問い合わせください。
特別メニュー: 自分が搭乗する便で特別メニューを注文できますか?
SWISS 便全ての大陸間路線便において、無料で特別メニューを提供いたしております。SWISS.COM で予約されるときに、既に食事の選択が可能です(ステップ4、オプション)。お客様に合ったお食事を見つけるためにも、幅広い特別メニューとその調理材料をご覧ください。

SWISS の特別メニュー
糖尿病: 糖尿病の場合、何に気をつければ良いですか?
糖尿病患者のお客様は、飛行を含んだ旅行中、次のことにご注意ください。

1. 薬剤
主治医に、携行するのために必要なインスリン注射のタイプと数についてご相談ください。本来必要な量の2倍の薬物と器具をご用意の上、機内持込手荷物とスーツケースに分けて入れておくことをお勧めします。これは、万が一に備えて十分な量を確実にお手元に置いておくためです。

主治医に、飛行を含んだ旅行中の注射の時間割の作成を依頼してください。

2. 時間帯を越えた旅行
西方向への旅行: お客様は非常に長い1日を体験することになります。追加で食事を取るべきか、インスリンの量を増やすべきか等、主治医に予めご相談ください。

東方向への旅行: お客様の1日は短くなります。したがって、インスリンの量を減らしたほうがよいと思われます。主治医にその点についてご相談ください。

3. 機上での注射器
飛行中にインスリンを注射する必要があるかもしれないので、機上に注射器をお持ち込みください。この場合、セキュリティチェックの際に医師の診断書が絶対に必要です。
血栓症: 旅行者血栓症(エコノミー症候群)について何を知っておくべきでしょうか?
長い時間、座ったまま動かないでいると、静脈内に血栓ができ部分的、もしくは完全に血管を塞いでしまう原因になることがあります。ほとんどの場合、腰から下に症状が現れます(例: 下肢の静脈。深部静脈血栓症[DVT]として知られています)。

血栓症にならないために、飛行中十分な水分摂取と、できるだけ体を動かし、頻繁に足の曲げ伸ばしをしましょう。

お客様が他に危険だと思われる症状をお持ちの場合(例: 血栓症もしくは肺塞栓症、遺伝性凝固障害、心不全もしくは慢性の静脈不全といった既往歴)、旅行前に医師の診察を受ける必要があります。特に、弾性ストッキングの着用が適切かどうか、抗凝固剤療法が必要かどうかという点について、医師に相談される必要があります。
予防接種: 目的地に向かう前に予防接種が必要でしょうか?
お客様ご自身の健康と周囲の人たちの健康のために、あらゆる感染症からご自身を守りましょう。遅くとも出発の4~6週間前までに、必要な医学的アドバイス、必須の予防接種、その他の推奨される予防措置など、医師にご相談ください。

SWISS 医療サービスは、医学的アドバイス、熱帯地域における病気や最も重要な予防接種についての情報を提供いたしております。
病気もしくは手術: 病気中、もしくは手術後に飛行機に乗ることはできますか?
お客様が今現在病気に苦しまれている場合や最近手術をされた場合は、特に気をつけなければなりません。旅行はストレスが溜まりやすくなりかねません。したがって、旅行をする気力がない場合は、フライトを延期するのが賢明かと思われます。

どのような場合に飛行が制限されるかご確認ください。加えて、必ず主治医に計画したフライトにおける医学的アドバイスを受け、お客様が旅行するにあたって十分に健康体であるということを明確にしてもらってください。
制限: どのような場合に飛行が制限されるのですか?
ダイバー
出発の24時間以内にダイビング(潜水)された場合は、飛行を制限されます。また浮上している間に問題に直面された場合は、医師に相談する必要があります。

健康状態
以下の症状に見舞われた場合は、飛行を制限されます:

急性感冒、重度の熱性疾患
重度の心臓もしくは肺関連の疾患: 呼吸困難、最近起きた心臓発作、危険な状態の狭心症や心不全、気胸
最近、脳卒中を起こした場合
重度の貧血症
水疱瘡などの感染症
最近手術を受けた場合(特に腹部、胸部の場合)
特定の急性精神疾患
アレルギー:何に注意しなければなりませんか?
アレルギーをお持ちのお客様にSWISSで安心してフライトいただけるようアレルゲンを回避するためにできることをすべて行うよう努めています。世界初の航空会社としてECARFの品質認定証がSWISSに授与されました。私たちは、弊社の客室およびラウンジでのアレルゲンの最小化、特にクッションやエアコン、食品でのアレルゲンの最小化にコミットしています。長距離便、あるいは欧州内路線のSWISSビジネスでは特別食をご予約いただけます。欧州内路線のSWISSエコノミーでの機内食では、様々なラクトースフリーやグルテンフリーの食品、また代替のスナックをご用意しています。SWISSクルーは緊急時の訓練を受けており、機内には抗ヒスタミン剤が用意されています。

ナッツアレルギーに関する情報は特別食でご覧くただけます。
診断書: どんな場合に診断書が必要になりますか?
以下のような場合、ご自身の身の安全のために、または有効な保安規則のために、ご旅行される方は診断書を携帯することをお勧めします。:

心臓ペースメーカーもしくは金属部品の埋め込み(人工関節、骨折部の金属固定具): セキュリティチェックを受ける前に、検査員に書類をご提示ください。

糖尿病患者と薬物治療が必要な慢性疾患を患っているお客様: 診断結果と必要な薬剤が記載された診断書。

目的地が特定の予防接種が必要な国の場合: 予防接種を済ませた記録。

医療上の理由で携行している注射器。

症状の程度によって、SWISS は SAF/MEDIF 用紙の記入をお願いするかもしれません。

医療機器

ご自身の医療機器をお持ち込みになりたい場合は、ご予約の際にその旨お知らせください。機器の中には、技術的、医療的に認可が必要なものがあります。以下で、SWISS 機内でよく使用される医療機器に関する情報をいくつかご覧いただけます。

個人所有の車いす
ご自身の折りたたみ式車いすをお持ちいただけます。車いすの大きさ、重量、タイプを事前にお知らせください。

ご自身の車いす(電動式ではないもの)で搭乗口にお越しください。職員がお客様のご搭乗のお手伝いと共に、車いすを保管いたします。

可能な場合は、飛行機を降りられる際にお客様ご自身の車いすをお返しいたします。そうでない場合は、到着された空港で空港の車いすをご用意し、手荷物引渡所までお客様をお連れいたします。

電動車いすはチェックイン後にはご利用になれません。職員がお客様をご搭乗口まで代わりの車いすでお連れいたします。

お客様の車いすは手荷物室に収納され、無料で輸送されます。

ご注意ください: 安全上の理由により、バッテリーが必要な車いすには以下の規定が適用されます。チェックイン前に、バッテリーはしっかりと車いすに取り付けられていなければなりません。またバッテリー端子は予期せぬショートを避けるため、絶縁されていなくてはなりません。

機内での車いす
長距離便では、特別に設計された機内用車いすで、お手洗いに行かれる際のお手伝いをいたします。
酸素ボンベ
機内での個人所有の酸素ボンベのご使用は禁止されております。機内では弊社が用意した酸素ボンベをご提供いたします。お客様のお座席にてご利用いただけるよう取り付けます。酸素ボンベご利用の際は遅くとも出発の72時間前までに予約をし、ご利用代金のお支払いをお済ませください。
医療の詳細は、 SAF/MEDIF 用紙に記入して頂かなければなりません。
薬剤
機内持込手荷物の保安規則にかかわらず、必要な液状の薬剤は機内に持ち込むことが許可されています(例: 糖尿病患者の薬剤)。

量は飛行中に必要な分だけとします。

状況によって、英語の診断書があると役立つかもしれません。
医学的用途で持ち込まれる注射器
有効な保安規則のため、診断書を携帯されることをお勧めします。
携帯型酸素濃縮器(POC)/持続的気道陽圧法(CPAP)
POC:医療詳細(PDF) と共に、POC用紙(PDF).をお読みになり、ご記入ください。遅くてもご出発の3営業日前までに、両方の用紙を SWISS メディカルセンターにお送りください。
Eメール medicalservices@swiss.com

CPAP: 機内でCPAP機器をご使用予定の場合は、CPAP 情報シート(PDF) を、よくお読みになり、与えられた指示に従ってください。医療上の証明は必要ありません。

健康ガイド

飛行と健康に関して、よくある質問(FAQ) から役立つ回答を見つけましょう。お客様が何かしらの病気にかかっている、またはお身体に不自由があったり、薬物治療中であったりする場合は、ご計画されているフライトについて、主治医にご相談ください。

妊娠: 妊娠中の場合は、何を考慮すべきですか?
合併症を起こしていない妊娠中の女性は、妊娠36週の終わりまで(すなわち、出産予定日の4週間前まで)、SWISS のフライトをご利用になれます。多胎妊娠で合併症を起こしていない場合は、妊娠32週の終わりまで SWISS のフライトをご利用になれます。

必須ではありませんが、妊娠28週を越える女性は、その妊娠が合併症を伴ったものではないということと、確定されている出産予定日が記載された医師からの最新の手紙を携行することをお勧めします。医師は、その妊娠が本人の飛行機旅行を妨げるものではないという記載をしておく必要があります。

また妊娠中の女性は、その妊娠中において深部静脈血栓症を患う危険性が高くなります。そのため、妊娠中に飛行機に乗る場合は、弾性ストッキングの着用と十分な水分の補給をお勧めします。とにかく、事前にかかりつけの産婦人科医に飛行機旅行について相談し、あらゆるリスクを最低限に抑えるようにしましょう。

ご自身が特定の状況で飛行することに確信が持てない場合は、直接SWISS 医療サービスにお問い合わせ下さい。
特別メニュー: 自分が搭乗する便で特別メニューを注文できますか?
SWISS 便全ての大陸間路線便において、無料で特別メニューを提供いたしております。SWISS.COM で予約される際に、既に食事の選択が可能です(ステップ4、オプション)。お客様に合ったお食事を見つけるためにも、幅広い特別メニューとその調理材料をご覧ください。

SWISS 特別メニュー
糖尿病: 糖尿病の場合、何に気をつければ良いですか?
糖尿病: 糖尿病の場合、何に気をつければ良いですか?

1. 薬剤
主治医に、携行するために必要なインスリン注射のタイプと数についてご相談ください。本来必要な量の2倍の薬物と器具をご用意の上、機内持込手荷物とスーツケースに分けて入れておくことをお勧めします。これは、万が一に備えて十分な量を確実にお手元に置いておくためです。

主治医に、飛行を含んだ旅行中の注射の時間割を作成してくれるよう依頼してください。

2. 時間帯を超えた旅行
西方向への旅行: お客様は非常に長い1日を体験することになります。追加で食事を取るべきか、インスリンの量を増やべきか、主治医に予めご相談ください。

東方向への旅行: お客様の1日は短くなります。したがって、インスリンの量を減らしたほうがよいと思われます。主治医にその点についてご相談ください。

3. 機上での注射器
飛行中にインスリンを注射する必要があるかもしれないので、機上に注射器をお持ち込みください。この場合、セキュリティチェックの際に医師の診断書が絶対に必要です。
血栓症: 旅行者血栓症(エコノミー症候群)について何を知っておくべきでしょうか?
長い時間、座ったまま動かないでいると、静脈内に血栓ができ部分的、もしくは完全に血管を塞いでしまう原因になることがあります。ほとんどの場合、腰から下に症状が現れます(例: 下肢の静脈。深部静脈血栓症 [DVT] として知られています)。

血栓症にならないために、飛行中十分な水分摂取と、できるだけ体を動かし、頻繁に足の曲げ伸ばしをしましょう。

お客様が他に危険だと思われる症状をお持ちの場合(例: 血栓症もしくは肺塞栓症、遺伝性凝固障害、心不全もしくは慢性の静脈不全といった既往歴)、旅行前に医師の診察を受ける必要があります。特に、弾性ストッキングの着用が適切かどうか、抗凝固剤療法が必要かどうかという点について、相談していただく必要があります。
予防接種: 目的地に向かう前に予防接種が必要でしょうか?
お客様ご自身の健康と周囲の人たちの健康のために、あらゆる感染症からご自身を守りましょう。遅くとも出発の4~6週間前までに、必要な医学的アドバイス、必須の予防接種、その他の推奨される予防措置など、医師にご相談ください。

SWISS 医療サービスは、医学的アドバイス、熱帯地域における病気や最も重要な予防接種についての情報を提供いたしております。
病気または手術: 病気中、または手術後に飛行機に乗ることはできますか?
お客様が今現在病気に苦しまれている場合や最近手術をされた場合は、特に気をつけなければなりません。旅行はストレスが溜まりやすくなりかねません。したがって、旅行をする気になれない場合は、フライトを延期するのが賢明かと思われます。

どのような場合に飛行が制限されるかご確認ください。加えて、必ず主治医に計画したフライトにおける医学的アドバイスを受け、お客様が旅行するにあたって十分に健康体であるということを明確にしてもらってください。
制限: どのような場合に飛行が制限されるのですか?
ダイバー
出発の24時間以内にダイビング(潜水)した場合は、飛行を制限されます。また、浮上している間、問題に直面した場合は、医師に相談する必要があります。

健康状態と伝染病

お客様が伝染病もしくは伝染性感染症を患っており、他のご搭乗者の健康と安全を脅かしている場合、SWISS はお客様のご搭乗を拒否するか、診断書の提出を義務づけ、条件や制限、もしくは要件を課する可能性があります。

SWISS は、他のご搭乗者の健康上のリスクを軽減するため、診断書が必要だという個々的な判断を下す可能性があります。

SWISS は、他のご搭乗者の健康を脅かすご搭乗者に対し、最小限できること、例えばマスクを着用させ、他のご搭乗者を伝染病もしくは伝染性感染症にさらされるリスクから保護するなどといった個々的な判断を下すことがあるかもしれません。
ナッツアレルギー: ナッツアレルギーの場合、何に気をつけるべきですか?
SWISS は、ご搭乗者の中には、ナッツアレルギーをお持ちのお客様がいらっしゃる可能性があることを認識しています。私たちはナッツ類の食品をお出ししており、またお食事や軽食の原料に微量の特定されないナッツ類を使用したものがある可能性もあります。ナッツ類を含まない特別メニューの準備はいたしておりません。また、他のご搭乗者の方が機内にナッツ類を持ち込む可能性もあります。したがって、SWISS 運航便において、ナッツ類を除外した環境は保証できかねます。旅行の手配をされるときに、アレルギー反応があっても飛行機旅行がお客様にとって正しい選択であるかを確かにするために、アレルギーやその他の症状の程度を予めお調べすることをお勧めします。
診断書: どんな場合に診断書が必要になりますか?
以下のような場合、ご自分の身の安全のため、または有効な保安規則のために、ご旅行されるお客様は 診断書(SAF/MEDIF用紙)を携帯されることをお勧めします。:

ご搭乗者がストレッチャー(簡易ベッド)でご旅行される場合。

ご搭乗者が飛行中、医療用酸素ボンベを必要とする場合(携帯型酸素濃縮器: POCs)。

ご搭乗者が飛行中、優れた医療扶助なくしては無事に飛行を終えられない可能性のある病状をお持ちの場合。

ご搭乗者が伝染病もしくは伝染性感染症を患っており、他のご搭乗者の健康と安全を直接脅かしている場合。

米国の法律による要請はありませんが、ご搭乗者が検問所を通る際や搭乗者ご自身の安全のためにも、有効な診断書もしくはそれに相当する書類を携帯することは、別の状況下では役立つかもしれません。そのため以下のような場合、旅行者には診断書もしくはそれに相当する書類を携帯されることをお勧めします:

ご搭乗者が心臓ペースメーカーもしくは金属部品の埋め込み(人工関節、骨折部の金属固定具)を装着されている場合。

ご搭乗者が頻繁な薬物治療が必要な糖尿病同様の慢性疾患を患っている場合(例:診断結果と必要な薬剤が記載された診断書)。

ご搭乗者が特定の予防接種が必要な国へご旅行される場合(例: 予防接種を済ませた記録)。

ご搭乗者が医療上の目的で注射器を携行している場合。

医療機器

予約: 事前通知の要請
一般的に、お身体の不自由なご搭乗者は、SWISS に事前通知をする必要はありません。しかしながら、場合によってご搭乗者に適切な処置やお手伝いするためにも、次の通り事前通知を要請いたします:

国際線で SWISS が提供する医療用酸素ボンベをご使用の場合、72時間前の事前通知が必要。

人工呼吸器、POCもしくはCPAPをご使用の場合、48時間前の事前通知が必要。

ストレッチャー(簡易ベッド)でご旅行される場合、48時間前の事前通知が必要。
個人所有の車いす
ご自身の折りたたみ式車いすをお持ちいただけます。車いすの大きさ、重量、タイプを事前にお知らせください。

ご自身の車いす(電動式ではないもの)で搭乗口にお越しください。職員がお客様のご搭乗のお手伝いと共に、車いすを保管いたします。

可能な場合は、飛行機を降りられる際にお客様ご自身の車いすをお返しいたします。そうでない場合は、到着された空港で空港の車いすをご用意し、手荷物引渡所までお客様をお連れいたします。

お客様の車いすは手荷物室に収納され、無料で輸送されます。航空機にご搭乗者の車いす(電動式ではないもの)を収容できる広さを持つクローゼットもしくは収納場所がある場合、SWISS はそこを車いすの優先保管場所に指定します。

ご注意ください: 安全上の理由により、バッテリーが必要な車いすには以下の規定が適用されます。

バッテリー電動車いすを使用のご搭乗者は、通常よりも1時間早くチェックインをお願いします。

チェックイン前に、バッテリーはしっかりと車いすに取り付けられていなければなりません。バッテリー端子は予期せぬショートを避けるため、絶縁されていなくてはいけません。

機内での車いす

長距離便では、特別に設計された機内用車いすで、お手洗いに行かれる際のお手伝いをいたします。
酸素ボンベ
機内での個人所有の酸素ボンベのご使用は禁止されています。

機内でのご使用には、企業の酸素ボンベを提供いたします。

酸素ボンベはお客様の座席に取り付けられ、すぐにご使用可能なよう準備いたします。

遅くとも出発の72時間前までに、酸素補給をご注文ください。各費用の支払いを受けましたら、酸素ボンベの用意は確定されます。

医療の詳細は、 SAF/MEDIF 用紙(PDF)に記入していただかなければなりません。
薬剤
機内持込手荷物の保安規則にかかわらず、必要な液状の薬剤は機内に持ち込むことが許可されています(例: 糖尿病患者の薬剤)。

量は飛行中に必要な分だけとします。

状況によって、英語の診断書があると役に立つかもしれません。
医学的用途で持ち込まれる注射器
有効な保安規則のため、診断書を携帯されることをお勧めします。
携帯型酸素濃縮器(POC)/持続的気道陽圧法(CPAP)
POC:医療の詳細(PDF)とともにPOC 用紙(PDF)をお読みになり、ご記入をお願い致しております。遅くてもご出発の3営業日前までに、両方の用紙を SWISS メディカルセンターにお送りください。
Eメール:medicalservices@swiss.com

CPAP: 機内で CPAP 機器をご使用になる予定の場合は、 CPAP 情報シート(PDF)をよくお読みになり、与えられた指示にお従いください。医療上の証明は必要ありません。