第8条

手荷物

8.1 無料の手荷物許容量

お客様は、当社の条件や制約に従って、一定の手荷物を無料で運送する権利を有しています。これらの条件や制約はご希望に応じて当社や指定代理店から入手できます。またお客様の航空券にも記載されています。

8.2 超過手荷物

無料の手荷物許容量を超える手荷物の運送には追加料金をお支払いいただきます。当社の超過手荷物料金はご希望に応じて当社から入手できます。
お客様が100kgを超える手荷物(重量の観点から)もしくは 5個以上の手荷物(個数の観点から)や自転車や車いすのようなかさばる品物を運送されたい場合は、その旨を事前に当社にお知らせいただかなくてはなりません。お知らせいただかなかった場合、当社はそのような超過手荷物やかさばる品物の運送を拒否する権利を留保します。航空貨物として運送したい超過手荷物は、お客様のフライトにチェックインする24時間前までに手渡していただかなければなりません。

8.3 手荷物としてお預かりできない物品

8.3.1 手荷物の中に次の物品を入れてはいけません:

  • a.

    航空機、または機内の旅客や設備に危険をもたらす可能性がある物品。例えば、国際民間航空機関(ICAO) の航空機による危険物の安全輸送のために定めた技術指針、国際航空運送協会(IATA) の危険物規則書、及び当社の規則で指定されている品目(詳細はご希望に応じて当社から入手いただけます)

  • b.

    出発国または目的国の適用法令や規則により運送が禁止されている品目

  • c.

    危険または安全でないもの、重量、サイズ、形状、性質、腐りやすさが問題となるもの、または運航する航空機種では壊れてしまうだろうと思われるものなど、運送に適していないと当社が判断する品目、お預かりできない物品に関する情報は、ご希望に応じて当社から入手いただけます。

8.3.2 狩猟やスポーツ目的以外の銃器及び弾薬は手荷物として運送することが禁止されています。狩猟やスポーツ目的の銃器及び弾薬は受託手荷物としてのみ、運送することができます。銃器は弾薬を抜き、安全装置を施した状態で適切に梱包される必要があります。弾薬の運送は前述の第8.3.1.(a) 条に規定されている ICAO 及び IATA の規則に従います。

8.3.3 骨董品の銃器、剣、ナイフ及び類似の物品などの武器は当社の判断で受託手荷物としてのお引き受けが可能ですが、機内に持ち込むことは許可されません。

8.3.4 受託手荷物には、現金、薬剤、鍵、宝石類、貴金属、コンピュータ、個人用の電子機器、流通証券、有価証券またはその他の貴重品、ビジネス文書、パスポート、その他の身分証明の書類やサンプルなどを入れることはできません。

8.3.5 禁止されているにもかかわらず、第8.3.1条、第8.3.2条、及び第8.3.4条で明記されている物品を手荷物に入れた場合、当社はこれらの物品の損失または損傷について責任を負いかねます。
禁止されているにもかかわら ず、第8.3.1条、第8.3.2条、及び第8.3.4条で明記されている物品を手荷物に入れた場合、米国発着便での国際輸送に対する当社の法的責任は、適用協定により認めた場合に限定されます。

8.3.6 受託手荷物または機内持込手荷物には、見知らぬ人から受け取った包みや物を入れないでください。見知らぬ人の荷物の輸送は絶対に引き受けないでください。

8.4 運送を拒否する権利

8.4.1 前述の第8.3.2条及び第8.3.3条に従い、当社は第8.3条に記載されている物品を手荷物として運送することを拒否します。また、このような物品を発見した時点で、それ以降の運送を拒否することができます。

8.4.2 当社の見解に合うように、適切な容器にきちんと安全に梱包されていない限りは、手荷物を運送することを拒否する場合があります。運送を受け入れられない梱包や容器に関する情報は、ご希望に応じて当社より入手いただけます。

8.5 検査する権利

安全・保安上の理由で、当社はお客様がご自身の身体検査とスキャン、及び手荷物の検査、スキャン、X 線検査を許可することを要請する場合があります。お客様が不在の状態で、手荷物の検査、X 線検査を実施する場合があります。これは、第8.3.1条に記載の禁止された物品、または第8.3.2条もしくは第8.3.3条による銃器、弾薬、武器で当社にお知らせいただいていないものをお客様が所有しているか、またはこれらが手荷物に含まれているかを確かめる目的で行われます。お客様がこのような要請に応じようとしない場合、当社はお客様とその手荷物の運送を拒否する場合があります。検査やスキャン、X 線検査によりお客様もしくはお客様の手荷物に損害があった場合、当社の重大な過失に起因するものでない限り、当社はこれらの損害について責任を負いかねます。

8.6 受託手荷物

8.6.1 お客様が当社に預けたい手荷物を手渡した時点で、そこからは当社の責任で管理いたします。当社はお預かりするお客様の各手荷物に1部ずつ手荷物識別タグを発行します。お客様が持込手荷物として機内に持ち込もうとしている手荷物をご搭乗の際に当社が貨物室に収納するため引き渡すように要請した場合、それは受託手荷物として取り扱われお客様の手荷物預かり証に含まれることになります。

8.6.2 全ての受託手荷物に、お客様の名前またはその他の個人識別情報を付けてください。

8.6.3 安全、保安、業務上の理由で不可能でなければ、受託手荷物は可能な限り、お客様と同じ航空機で運送されます。受託手荷物がお客様のご搭乗便より後の便で運送された場合で、適用法令によりお客様ご自身が税関手続きを行うことを義務づけられていない限り、当社がお客様に手荷物をお届けします。

8.7 機内持込手荷物

8.7.1 当社は、お客様が機内に持ち込む手荷物の最大寸法及び/または最大重量を指定することができます。当社が指定していない場合、機内に持ち込む手荷物は、お客様の前の座席の下、または機内キャビン内にある収納棚に収納できる大きさでなくてはなりません。手荷物がこの方法で収納できない場合、重量が超過する場合、または危険だと判断される場合は、その手荷物を当社に引き渡すよう求められ受託手荷物として運送されます。

8.7.2 貨物室での運送に適さず(繊細な楽器など)、前述の第8.7.1条の条件に合わない物品は、お客様が事前通知をして当社が合意した場合のみ、機内に持ち込んで運送することが許可されます。このサービスには追加手数料がかかる場合があります。

8.8 受託手荷物の受取りと引渡し

8.8.1 前述の第8.6.3条に従い、受託手荷物は目的地または途中降機地で受け取りが可能になり次第、お客様が受け取る必要があります。妥当な時間内に受け取りが行われない場合、当社は手荷物の保管料を請求する場合があります。受託手荷物の受け取りが可能になってから3カ月以内にお客様が受け取らなかった場合、当社はお客様に対して責任を負うことなく、その手荷物を処分する場合があります。

8.8.2 受託手荷物は、手荷物預かり証と手荷物識別タグを所有している人物のみに引き渡されます。

8.8.3 受託手荷物を受け取ろうとしている人物が手荷物預かり証を提示できず、手荷物識別タグによって手荷物を識別できない際は、その人物が手荷物を受け取る権利に対して当社が満足できる証明を提示できる場合にのみ、手荷物を引き渡します。

8.9 動物

次の条件に従って、動物を運送することができます:

8.9.1 お客様は、犬、猫、小鳥その他のペット類の動物を適切なケージに入れ、入国する国や通過国で必要とされる有効な健康証明書、予防接種証明書、入国許可書、その他の書類を携行する必要があります。これらのことを守られていない動物は運送できません。動物の運送に関する追加条件は、ご希望に応じて当社より入手いただけます。

8.9.2 当社が手荷物として引き受けた動物は、その容器や餌とともに無料手荷物許容量には含まれず、超過手荷物として扱われ、お客様は適用される料金を支払わなければなりません。

8.9.3 目の不自由な旅客に同行する盲導犬は、当社が指定する特別な規則(ご希望に応じて入手可能)に従って、通常の無料手荷物許容量に追加して無料で運送されます。

8.9.4 動物の運送が条約に定められた賠償責任に関する規定の対象とならない場合、当社の重大な過失に起因するものでない限り、当社が運送に合意した動物の怪我、紛失、病気、死について当社は責任を負いかねます。

8.9.5 入国または通過するあらゆる国に対して、出入国、健康及びその他の必要書類が全て揃っていない動物については、当社は、一切責任を負いません。またこのような動物を携帯する旅客は、書類の不備が原因で当社が負うあらゆる罰金、相応な費用、損傷、損害賠償金を弁済する必要があります。