ミラノでの盛大なファイナル

SWISSはプレファイナルとなる地でお互いへの関心を持つことの大切さを呼びかけます。

周りに関心を持ちお互いに気遣うことの大切さを呼びかけるヨーロッパ全域へのキャンペーン

SWISSが企画したお互いへの関心を持つことの大切さを呼びかけるプロジェクトがプレファイナルの地にやってきました。2015年3月17日、Gerry Hofstetterは、ミラノのレオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館をライトアップすることで、お互いへの関心を持つことの大切さを呼びかけました。航空の歴史へのダ・ビンチの貢献を紹介するこの博物館は光のアートのツアーの最後に特に相応しい場所いえるでしょう。

魅力的なアートの中心には、今までのライトインスタレーションのように単体、あるいは複数でアレンジされたSWISSの客室乗務員の双眸が照らされていました。双眸は、互いのアイコンタクトを象徴し、また周りに関心を持ちお互いに気遣うことの大切を私たちに呼びかけています。ライトインスタレーションは、ミラノの博物館の周りで行きかう人々を魅了し、一瞬立ち止まらせ、互いに関心を持つことの大切さを呼びかけていました。

Museo Nazionale della Scienza e della Tecnologia

6都市での光のアート に続いて、今年グランドフィナーレのインスタレーションが施されます。ご自身のEye-Selfieをアップロードすることで、ライトインスタレーションに参加することができ、SWISSと共にお互いへの関心を持つことの大切さを呼びかけることができます。ヨーロッパ全域から送られてきた双眸は、前例のない大きさでお互いへの関心を持つことの大切さを呼びかけます。