よくある質問(FAQ)

健康

健康に関する質問

  1. 妊娠していますが、飛行機に乗ることはできますか?
  2. 糖尿病ですが、何に気をつければいいですか?
  3. 旅行者血栓症(エコノミー症候群)について何を知っておくべきでしょうか?
  4. 目的地に向かう前に予防接種が必要でしょうか?
  5. 病気がある場合、もしくは手術後に飛行機に乗ることはできますか?
  6. どんな場合に診断書が必要になりますか?
  7. 時差ボケを避けるためにどうすればいいですか?
  8. ナッツアレルギーの場合、何に気をつけるべきですか?
  1. 妊娠していますが、飛行機に乗ることはできますか?

    妊娠36週の終わりまで、もしくは予定出産日の4ヶ月前まではSWISS フライトをご利用いただけます。多胎妊娠で合併症を起こしていない場合は、妊娠32週の終わりまで SWISS のフライトをご利用いただけます。これに関しての詳細は、ご旅行時の健康管理をご覧ください。

  2. 糖尿病ですが、何に気をつければいいですか?

    かかりつけのお医者様に予定のフライトについて予めご相談ください。インスリンの量を増やすべきか、あるいは減らすべきか、また追加で食事を取るべきかをご相談ください。注意点: 保安検査で有効なインスリン処方指示書を提示してください。これに関しての詳細は、ご旅行時の健康管理をご覧ください。

  3. 旅行者血栓症(エコノミー症候群)について何を知っておくべきでしょうか?

    長い時間、座ったまま動かないでいると、静脈内に血のかたまりができる危険性があります。血栓症にならないために飛行中は十分な水分を摂取し、またできるだけ身体を動かし、頻繁に足の曲げ伸ばしをするようにしてください。血栓症を起こしやすい病気や症状をお持ちの方は、予めかかりつけのお医者様に相談することをお勧めします。

  4. 目的地に向かう前に予防接種が必要でしょうか?

    遅くともご出発の4週間から6週間前までにかかりつけのお医者様、あるいはSWISS 医療サービスに渡航先に関して推奨されている予防接種や必要な予防措置についてご相談ください。

  5. 病気がある場合、もしくは手術後に飛行機に乗ることはできますか?

    現在治療中の病気がある場合や、手術後間もない場合は特に注意が必要です。 飛行機での旅は身体にストレスがかかります。 体調が完全に回復していない場合、フライトを延期してください。 現在患っている病気がある場合や、手術後間もない場合は予め航空旅行の適正について医師の診断を受けることを強く推奨します。詳細はご旅行時の健康管理をご覧ください。

  6. どんな場合に診断書が必要になりますか?

    次の場合、 航空旅行の適正について医師の診断書(SAF/MEDIF用紙) が必要となります。(リストは不完全なものです。)
    1. -ストレッチャーで移動しなければならない場合
    2. -フライト中、医療用途として酸素吸入が必要な場合
    3. -安全に飛行するために医療器具なしでは健康状態から問題が生じ得る場合
    4. -他のご搭乗者の健康と安全に直接害を及ぼすことが考えられる感染症を患っている場合

    これに関しての詳細と医師の診断書が必要となるその他の条件については、ご旅行時の健康管理をご覧ください。

  7. 時差ボケを避けるためにどうすればいいですか?

    時差ボケにならないためのアドバイスなど、旅の秘訣はこちらをご覧ください。

  8. ナッツアレルギーの場合、何に気をつけるべきですか?

    SWISS は、ご搭乗者の中にナッツアレルギーをお持ちのお客様がいるかもしれないということを認識しています。SWISSは、ナッツ類の食品をお出ししており、またお食事や軽食の原料には、微量の特定されないナッツ類が使用されている可能性もあります。 SWISS では、ナッツフリーの環境を整える手筈は取っていません。また、他のご搭乗者の方が機内にナッツ類を持ち込む可能性もあります。そのため、SWISS 運航便では、ナッツ類を排除した環境を保証することはできません。アレルギーの程度や、その他の健康問題を考慮し、またアレルギー反応の面で飛行機での旅行が正しい選択かどうか慎重に検討されることをお勧めします。